NEM HARVESTERS

NEM Harvesters

利用規約

NEM Harvesters利用規約

この利用規約は、開発チームAftercider・monero_tokyo(以下「当チーム」)が本サイト上で提供するインターネットサービス「NEM Harvesters」において提供する各種サービス(以下「本サービス」)における利用条件を定めるものです。
ユーザーのみなさま(以下「ユーザー」)には、本サービスを利用するにあたり、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意し、本サービスを利用するものとし、本サービスを利用した場合には、当該ユーザーは本規約を遵守することに同意したものとみなします。
ユーザーが未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意を得たうえで、本サービスをご利用ください。
本規約の同意時に未成年であった利用者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該利用者は本サービスに関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

第1条 (定義)

(1)本サービス 当チームが運営するサービス『NEM Harvesters』
(2)ユーザー 本サービスを利用する全ての方
(3)ID 本サービスの利用のために登録利用者が固有に持つ文字列
(3)登録メールアドレス 本サービス利用のためにユーザーが登録したメールアドレス
(4)登録パスワード 登録メールアドレスに対応して登録利用者が固有に設定する暗号
(5)ウォレットアドレス NEMのウォレットのアドレスを示す文字列
(6)登録情報 ID・メールアドレス・パスワード・ウォレットアドレス

第2条 (本サービスの内容)
1. 本サービスは、ユーザーのNEMウォレットの状態を監視するサービスを提供するものです。ユーザーの取引やウォレットの管理に関する一切の事項(送金・着金・パスワードの管理・秘密鍵の管理・ハーベスト報酬の受け取り・ハーベストの委任設定)は、すべて当事者ユーザーの自己責任とし、当チームは、ユーザーのトラブルに原則として介入せず、 ユーザーは当チームにトラブルの解決を求めることはできないものとします。

2. 本サービスは、登録にメールアドレスとユーザー指定のパスワードを使用します。パスワードはNEMウォレットの秘密鍵・パスワードや登録メールアドレスアカウントのパスワードとは異なるものを利用し、全て当事者ユーザーの自己責任で管理するものとします。

第3条(ユーザーの登録手続)
1. 本サービスの利用を希望する方は、本規約に同意した上で、ユーザー登録申し込みを行ってください。
2. 登録申込をした方は、アカウント登録が完了した時点からユーザとなります。
3. 当チームは、ユーザ向けにメールで連絡事項の告知や広告その他の情報提供を行います。あらかじめご了承ください。
4. 本サービスのユーザーが以下の事由に該当する場合には、当チームは当該ユーザーの本サービスの利用を拒絶することができるものとします。

(ア)本サービス利用希望者が実在しない者であること。
(イ)ユーザーが、不正な手段をもって登録を行っていると当チームが判断した場合
(ウ)ユーザーが、過去に本規約または当チームの定めるその他の利用規約等に違反したことを理由として拒絶処分を受けた者である場合
(エ)その他当チームが不適切と判断した場合

第4条 (アカウント管理)
1. ユーザーは、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやID・パスワード等を含みます)について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。利用者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。

2. 当チームは、登録情報によって本サービスの利用があった場合、 利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。

3. 登録情報の管理は、ユーザーが自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったためにユーザーが被った一切の不利益および損害に関して、当チームは責任を負わないものとします。

4. 万が一、登録情報が漏洩した場合であっても、ユーザーが被った一切の不利益および損害に関して、当チームは責任を負わないものとします。

第5条(規約の変更)

1. 当チームは、ユーザーの承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、ユーザーはこれを異議なく承諾するものとします。
2. 当チームは、本規約を改定するときは、その内容について当チーム所定の方法によりユーザーに通知します。
3. 前本規約の改定の効力は、当チームが前項により通知を行った時点から生じるものとします。
4. ユーザーは、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。

第6条(営業活動の禁止)

1. ユーザーは、当チームの事前の書面による承諾なく、本サービスを使用して営利を目的とした活動をすることができません。
2. 前条項の他、ユーザーは、本サービスを利用する上で以下の行為を行なってはならないものとします。

(ア)詐欺等の犯罪に結びつく、またはそのおそれのある行為。
(イ)本サービスを利用するために必要となる当チームのソフトウェア、または本サービスにより利用しうる当チームまたは第三者の情報、データまたはソフトウェアを修正、改変、改ざん、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、消去等する行為。
(ウ)第三者の登録情報を用いて本サービスを利用する行為。
(エ)上記各号の他、法令、または公序良俗に違反する行為、本サービスの運営の妨害行為、当チームの信用の毀損行為またはそれらの違反、妨害、毀損のおそれがある行為。
(オ)当チームまたは第三者の知的財産権を侵害する行為
(カ)当チームまたは第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
(キ)当チームまたは第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
(ク)当チームまたは第三者に経済的損害を与える行為
(ケ)当チームまたは第三者に対する脅迫的な行為
(コ)コンピューターウィルス、有害なプログラムを仕様またはそれを誘発する行為
(サ)本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為
(シ)当サービスのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃
(ス)当チーム提供のインターフェース以外の方法で当チームサービスにアクセスを試みる行為
(セ)一人のユーザーが、複数ユーザーとして登録する行為
(ソ)上記の他、当チームが不適切と判断する行為

第7条(免責)
1. 当チームは、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
2. 当チームは、ユーザーの本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
3. 当チームは、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
4. 当チームは、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当チームは、かかる不具合が生じた場合に当チームが行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
5. 当チームは、本サービスを利用したことにより直接的または間接的にユーザーに発生した損害について、一切賠償責任を負いません。
6. 当チームは、ユーザーその他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当チームが係る損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。
7. 第1項乃至前項の規定は、当チームに故意または重過失が存する場合又は契約書が消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用しません。
8. 前項が適用される場合であっても、当チームは、過失(重過失を除きます。)による行為によってユーザーに生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害については、一切賠償する責任を負わないものとします。 
9. ユーザーと他のユーザー、もしくは第三者との間の紛争及びトラブルについて、当チームは一切責任を負わないものとします。他のユーザー、もしくは第三者との間でトラブルになった場合でも、両者同士の責任で解決するものとし、当チームには一切の請求をしないものとします。
10. ユーザーは、本サービスの利用に関連し、他のユーザーに損害を与えた場合または第三者との間に紛争を生じた場合、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償またはかかる紛争を解決するものとし、当チームには一切の迷惑や損害を与えないものとします。
11. ユーザーの行為により、第三者から当チームが損害賠償等の請求をされた場合には、ユーザーの費用(弁護士費用)と責任で、これを解決するものとします。当チームが、当該第三者に対して、損害賠償金を支払った場合には、ユーザーは、当チームに対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含む)を支払うものとします。
12. ユーザーが本サービスの利用に関連して当チームに損害を与えた場合、ユーザーの費用と責任において当チームに対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含む)するものとします。
13. 当チームは、本サービスの利用により発生したユーザーの損害(他のユーザーを含む第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、および本サービスを利用できなかったことにより発生したユーザーまたは第三者の損害に関し、いかなる責任も負わないものとします。
14. 当チームは、ユーザーまたは第三者に対して、本サービスの内容および本サービスを通じて得られる情報の完全性、正確性、確実性、有用性、瑕疵がないこと、誤りがないこと等一切の保証をしません。

第8条(広告の掲載について)
ユーザーは、本サービス上にあらゆる広告が含まれる場合があること、当チームまたはその提携先があらゆる広告を掲載する場合があることを理解しこれを承諾したものとみなします。
本サービス上の広告の形態や範囲は、当チームによって随時変更されます。

第9条(データ等の利用)
当チームは、本サービスを通じて収集されるデータ等を、技術開発やデータ解析、サービス開発などに利用できるものとします。

第10条(本サービスの変更)
当チームは、当チームが適切と判断する方法でユーザーへ通知することにより、本サービスの全部または一部を変更することがあります。

第11条(本サービスの一時的な中断)
当チームは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的にユーザーに対する本サービスの提供を中断させて頂くことがあります。
(ア)本サービス用設備等の保守または点検を行う場合、または工事が必要な場合。
(イ)火災、停電、天変地異等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(ウ)前各号の他、当チームが必要と判断した場合。
当チームは、理由の如何を問わず発生した本サービスの提供の遅延または利用中断等によりユーザーまたは第三者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第12条(本サービスの廃止)
当チームは、自己の判断により、本サービスの全部または一部の提供を一時的に終了し、または永続的に廃止させることができます。この場合、当チームは、当チーム所定の手続きに従って本サービスの終了をユーザーに通知するものとします。
当チームは、理由の如何を問わず発生した本サービスの全部または一部の提供の廃止によりユーザーまたは第三者に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第13条(準拠法、管轄裁判所)
1 本規約の有効性,解釈及び履行については,日本法に準拠し,日本法に従って解釈されるものとする。
2 当チームと利用者等との間での論議・訴訟その他一切の紛争については、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。